【2022年】くりはま花の国・ポピー無料花摘み大会・体験レポート

スポンサーリンク
【2022年】くりはま花の国・ポピー無料花摘み大会・体験レポート
もやこ
もやこ

こんにちは、もやこです。

お花摘みに行ったことはありますか~?

先日、横須賀市にある〝くりはま花の国〟にて、開催されていたポピー・ネモフィラまつり最終土日の目玉イベント、「ポピー無料花摘み大会」に行ってきました!

今回は、その「ポピー無料花摘み大会」がどんな様子だったのか、わたしの体験レポートをお届けいたします。

本記事の内容
  • ポピー無料花摘み大会の開催場所
  • ポピー無料花摘み大会の体験レポート
  • 持ち帰ったポピーの生け方
  • 花摘み大会に行く時にオススメの持ち物

今年度(2022年)のポピー無料花摘み大会は終わってしまいましたが、来年行ってみたい方や、同じ会場で秋に開催される【コスモス無料花摘み大会】に興味のある方は、ぜひ読んでいただけたらと思います。

\ ポピー・ネモフィラまつりについて詳しくはこちら /

https://moyako-nikki.com/popi-festival-2022/

スポンサーリンク

ポピー無料花摘み大会の開催場所

ポピー無料花摘み大会は神奈川県横須賀市にあります、くりはま花の国で開催されました。

▼くりはま花の国のアクセスや駐車場など、詳しく知りたい方はこちら▼

ポピー無料花摘み大会・当日の体験レポート

ここからはポピー無料花摘み大会・当日の体験レポートをお届けしていきます!

今年は5月28日(土)・29日(日)の2日間、開催されました。

もやこ
もやこ

私は初日の28日に参加したよ!

例年、くりはま花の国のポピー無料花摘み大会は、5月最終の土日に開催されています。

興味のある方は、【来年の5月最終・土日はポピー無料花摘み大会がある】と頭の片隅に覚えておいてくださいね♪

駐車場待ちで渋滞

当日は駐車場待ちで周辺の道路は渋滞が起きていました。

第1駐車場は収容台数が少ないので、すぐに満車になります。

駐車場待ちが嫌な方は、第2駐車場の方が収容台数が多いので、駐車できる可能性が高いです。

もし第2駐車場も満車だったらごめんなさい!

花畑は、第1駐車場の方が近いよ。
第2駐車場から花畑まで20~30分位歩くから覚悟しておいてね!

ポピー無料花摘み大会の会場へ移動

ポピー無料花摘み大会の会場は、お花摘みができるエリアが決められていました。
2日間にわたって開催するので、翌日も花摘み大会が出来るように分けているそうです。

わたしは初日に参加しましたが、2日目の方がお花摘み出来るエリアが広いようです。
初日はお花畑の奥のエリアが、お花摘みが出来る会場になっていました。

お花摘みスタート!

受付等はないので、開場に着いたらおのおのお花を摘み始めます。

もやこ
もやこ

会場内だったら、好きなだけお花を摘んでOK

日影が無いので、帽子と水分補給は必須です!
娘たちも自分の好きな花を摘んで、花束作りを楽しんでいました。

摘んだけれど持ち帰れないお花は、花畑内に置いていって欲しいとアナウンスがありました。

周辺の道路や公園に放置されてしまうと迷惑になってしまうので、ちゃんと持ち帰ることが出来る分をお花摘みしましょう!

お花摘みは16時まで出来ますが、自分が満足したら好きなタイミングで帰って大丈夫でした。

お花摘みのポイント

ポピーの花は開花したら、1~2日で散ってしまいます。

花摘み会場ですでに開花しているお花を摘むと、持ち帰る途中~翌日には散ってしまいます。
それは扱い方の問題ではなく、仕方がない事なので落ち込まないでくださいね♪

お花だけではなく、蕾も一緒に持ち帰ると、自宅で蕾から開花する様子も楽しめるのでオススメです。

他の参加者を見ていると、蕾をメインで摘み取っている方も多かったです。

ポピーの花の持ち帰り方

イメージ図

ポピーの花は衝撃に弱いので、新聞紙にくるんで守ってあげます。

出来たら切り口に湿らせたティッシュやキッチンペーパーを当てて保水しましょう。

お花を下向きに持つと、お花が散ってしまうので上向きに持ち運んだ方が良いです。

開場の出口付近にお花用のお水も用意されていたので、保水して持ち帰ることをおすすめします。

帰宅後にすること

自宅にポピーの花を持ち帰ったら、まずは水切りをしましょう。
水の中に入れた茎を、ハサミで斜めにサクッと切ります。

余分な葉も減らしてしまいましょう。
花瓶に葉が浸かってしまうと、雑菌が繁殖して水が腐りやすくなります。

少なめのお水で生けて、こまめに水替えをして清潔なお水を保つようにしましょう。

花摘みにオススメの持ち物

当日は売店にて【花摘みセット】が販売されていました。
購入しないでご自身で用意する場合は、同じような物を持って行けば、お花摘みを充分に楽しむことが出来ます♪

花摘みセットの内容・¥300
  • ハサミ
  • 輪ゴム
  • 軍手
  • 新聞紙

    以上の物がビニール袋に入っています。
その他・おすすめの持ち物や装備
  • 帽子
  • 水分
  • 両手が開くかばん

お花摘みは、ハサミでお花をカットしたり、お花を片手に持ちながら歩き回ります。
当日はリュックサックやショルダーバッグ等、両手が空くカバンだと動きやすいです。
不特定多数の人が出入りする会場なので、貴重品は必ず身に付けて行動しましょう!

ポピー無料花摘み大会・まとめ

  • 毎年5月最終・土日に開催
  • 14時~16時の2時間限定
  • 当日は、お花摘みセット(¥300)が販売されている。
  • お花摘みの道具は持参しても良い
  • とにかく暑いので熱中症対策をしていくこと
    (帽子・水分補給など)
  • 両手が空くカバンで行くのがオススメ

思う存分にお花を摘んで、自分の花束作りをすることが出来て、子ども達も嬉しかったようです。

おそらく来年も開催されるイベントなので、興味のある方はぜひ参加してみるのはいかがでしょうか?


最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました!

コメント